シックスパッドは効率良く部分痩せができる

シックスパッドはEMSというダイエット器具です。EMSは電気刺激を筋肉に直接加えることで、強制的に動かして部分痩せを可能にします。電気刺激を与えればお腹や二の腕、太ももをきつい運動をしなくても鍛えられます。

 

EMSは手軽で使いやすいですが、電気が流れるのでピリピリとして痛みを感じるというデメリットがあります。かつては強い電流を流せば良いというのが主流でしたが、最近の研究では腹筋をした時の筋肉の動きに近い強さが最も適していると分かりました。

 

そこでシックスパッドは電気刺激の強さや間隔を改善することで、痛みを感じさせないでシェイプアップします。一般的なEMSの周波数は50ヘルツ前後ですが、シックスパッドは20ヘルツに設定されています。また超薄型なので、服の下に装着してもゴワゴワしません。

 

家でのんびりしている時にお腹に巻くだけで、自然と運動不足を解消しています。腕や脚専用のシックスパッドも販売されています。スイッチの斜め上にパッドが1個ずつ付いており、2つのパッドが小回りを利かせながらピンポイントに刺激を与えます。

 

お腹用も腕、脚用も1回の稼働時間は決まっているので、リラックスして寝ていても自動で止まります。ただし場所を間違えると効果的に鍛えられないので、的確な場所にパッドを置いてからリラックスします。お腹用ではおへその位置にボタンがくるように貼ります。

 

正しく貼れるとパッドが肋骨と骨盤の間に入ります。腕や脚用ではパッドで鍛えたい部分を挟むように貼ると良いです。くびれを作りたいなら、脇腹を鍛えるためにお腹と背中を挟むイメージで貼ります。すっきりした二の腕や太ももを作る時も、前面と後面を挟みます。

 

お腹用ほどしっかり収まった感覚がないので、無理のない挟み方で良いです。振動レベルは1〜15までありますが、最初は3〜5で慣れてきたら10前後に調整します。稼働時間の23分は運動医科学研究に基づいています。